星の王子さまミュージアム⑦王子さまの井戸

投稿日: Comment:(0)
展示ホールを出て、今度は出口方面へと進んでいきます。次に現れるのは1930年代のパリをイメージした建物。時期によってはカフェとして営業しているらしいのですが今日は営業無し。 カフェを通り抜けると井戸が現れます。もちろん、『Le Petit Prince』に登場する井戸をイメージしたもの。いわゆる「村にありそうな井戸」です。 テーマの取り方によりますが、今回は多分、井戸を作ることはないと思うのですが... 続きを読む

星の王子さまミュージアム⑥サン=テグジュペリ

投稿日: Comment:(0)
『Le Petit Prince』に登場する飛行士は作者であるサン=テグジュペリ自身の経験が投影されたキャラクターです。むしろ、サン=テグジュペリ自身といっても過言ではありません。 つまり、物語のストーリーテラーである飛行士を理解するためには、サン=テグジュペリを理解する必要があるのだと思います。このミュージアムの展示も、そのほとんどが基本的にはサン=テグジュペリの人生を紹介するものです。映像と展... 続きを読む

星の王子さまミュージアム⑤建物

投稿日: Comment:(0)
中庭には『サン=テグジュペリ教会』という建物があります。サン=テグジュペリが幼少期を過ごしたサン=モーリス・ド・レマンス城の教会を再現したもの。とても小さめの可愛らしい教会です。 中に入ると正面の上に青いステンドグラスがある。物語に登場するキャラクターが隠れているとパンフレットに書かれているが、キツネだろか? 出口の方に振り向くと、上に一輪のバラが飾られています。 このバラは僕のイメージに近いバラ... 続きを読む

星の王子さまミュージアム④キャラクターたち

投稿日: Comment:(0)
王さま通りを抜けると、緑の多い中庭に出ます。すると、まず王子さまが! 今までの像とは違って正装の王子さま。絵でなく、立体で見るとマントの広がり形のイメージなどがより分かりやすく、朝早くて誰もいなかったので、側面・背面からも撮影をしてみました。 ストーリー展開上、この格好の王子さまを登場させるのは難しいかなと思いながらも、このマントの感じを再現できないかなぁ・・・とも思ったりもしています。 ここから... 続きを読む

星の王子さまミュージアム③プロヴァンス風

投稿日: Comment:(0)
ローズガーデンを抜けると、クリスマスローズの花園へ。とはいえ、クリスマスではないのでクリスマスローズは咲いていない。正面に王子さまの像、その両脇にはヒツジとキツネの像があります。今までの王子さまのオブジェは高い位置にありましたが、ここは近くでしっかりと見られます。 キツネが高い位置にいたため、パンケーキレンズではこんな感じになってしまいました。もう少し離れるとキツネの姿は見えるのですが、写りが小さ... 続きを読む

星の王子さまミュージアム②バラの花びら

投稿日: Comment:(0)
9時を目指して出かけたのは開館時間が9時だから。まだガラガラの駐車場にクルマを停めて、首にEOS Mをぶら下げて、ミュージアムの方へ。 入り口に行くと、そこには小惑星B 612の噴水がオブジェが出迎えてくれます。早速、一枚撮ってみます。レンズはパンケーキレンズの方を使っています。 この受付に向かい、印刷してきたチケット引換券(前売券)を渡します。入場料は1600円、前売券だと200円の割引で140... 続きを読む