G&D遠征03/宝塚〜難波へ★

(この記事はいずれ2015年9月26日 @ 22:45に移動します)

さて、『ガイズ&ドールズ』の最初の観劇を終えると14時少しすぎ。次の目的地は大阪・難波の「なんばグランド花月」。早速、移動開始です。

観劇が終わったら人波を縫うようにして歩いて、阪急の宝塚駅へ。目標の列車は14時20分発の『急行 梅田行き』。

阪急電車・宝塚線の『急行 梅田行き』。この色合いがたまらなく好き。
阪急電車・宝塚線の『急行 梅田行き』。この色合いがたまらなく好き。

梅田駅(JRでいうと大阪駅)まで35分。朝も早かったし、『ガイズ&ドールズ』の初観劇を終えて緊張が解けたのか車中はグッスリ。目が覚めたら梅田駅。

電車を降りて、改札を出て、地下鉄御堂筋線はどちらかと捜していると大きな三井住友VIZAカードの看板が。もちろん、モデルはもちろん花組トップスターの明日海りおさん。劇場にあるものの数倍大きな看板。素通りしようかとも思ったけれど、やっぱりと思って写真を。

GD21
阪急梅田駅の巨大な三井住友VIZAカードの看板。宝塚ファンなら日々、この看板を見るために阪急を使う気にもなるかも。

阪急の駅とはいえ、ずいぶん大きな看板だなと思う。でも、阪急梅田駅を通勤・通学で使う人は毎朝毎晩、この巨大な明日海さんを見られるのだなと思うと、それはそれで素敵なことだと感じる。それと同時に、この看板に広告効果があるとすれば、関西圏における宝塚の浸透度はやはり凄いのだと改めて感じる。

そこから地下鉄御堂筋線の改札を捜して、御堂筋線の『なかもず行き』に乗車し、なんば駅に到着。降りると、道頓堀への誘導が目立つが、案内に従って、千日前方面を目指す。

地下道から地上に出ると『千日前』の大きなアーケード。そこをまっすぐ突き進んでいくと、頭に思い描く大阪な光景が繰り広げられている。そう考えてみれば、大阪って観光したことないんだということに気づく。関西に来ると大抵、宝塚か京都に行ってしまうので大阪の街を歩いたことがないことに気づいた。

そんなことを考えながら歩いていると、急に『なんばグランド花月』が姿を現します。

笑いの殿堂『なんばグランド花月』。その存在感と周りを取り囲む多くの人々に圧倒される。
笑いの殿堂『なんばグランド花月』。その存在感と周りを取り囲む多くの人々に圧倒される。

いよいよ吉本興業の本拠地に足を踏み入れます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です