星の王子さまミュージアム⑦王子さまの井戸

展示ホールを出て、今度は出口方面へと進んでいきます。次に現れるのは1930年代のパリをイメージした建物。時期によってはカフェとして営業しているらしいのですが今日は営業無し。

LPP23
1930年代のパリをイメージした街並み

カフェを通り抜けると井戸が現れます。もちろん、『Le Petit Prince』に登場する井戸をイメージしたもの。いわゆる「村にありそうな井戸」です。

LPP24
角に佇む井戸。
LPP25
井戸に寄ってみる。中はすぐに底がありました。

テーマの取り方によりますが、今回は多分、井戸を作ることはないと思うのですが、一応、まじまじと観察してみます。まず、石の質感を出すのが難しそうだなと。また、道具に汚しを入れるのが嫌いな人としては滑車部分の錆びさせ方も悩むだろうなと。

これでグルリと一周、見終わりました。最後はお土産屋さんへ。JAXAの宇宙関連の商品から、『Le Petit Prince』の挿絵をモチーフにしたメモ帳やクリアファイル、キーホルダーなどがたくさん並んでいます。いくつかお土産を選び、自分用にブックカバーを購入しました。

LPP26
レストランとお土産屋さん。

お土産屋さんを出るとミュージアムの外に出ます。時計を見ると、ちょうどお昼だったのでレストランへ。レストランの名前は直球で『ル・プチ・プランス』。

LPP27
レストラン『ル・プチ・プランス』。フランス国旗が見える。

メニューは色々とありましたが、雰囲気を楽しむと言うことで『小惑星の火山のごちそうハンバーグ』のセットにしました。

LPP28
スープはカボチャの冷製ポタージュ。
LPP29
小惑星の火山のごちそうハンバーグ。

・・・と言うことで、『星の王子さまミュージアム』日帰りツアーは終了。まだ13時過ぎ。せっかく箱根まで来たのだから、温泉でも寄って帰れば良いとも思うのだけれど、そういう行動力は無いので、再びクルマに乗り込んで帰ることに。

LPP30
案内板とウチのハスラー。

高速道路は順調に走り、夕方には東京に戻れました。東京に戻ると集中豪雨に出迎えられましたが・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です