星の王子さまミュージアム③プロヴァンス風

ローズガーデンを抜けると、クリスマスローズの花園へ。とはいえ、クリスマスではないのでクリスマスローズは咲いていない。正面に王子さまの像、その両脇にはヒツジとキツネの像があります。今までの王子さまのオブジェは高い位置にありましたが、ここは近くでしっかりと見られます。

LPP07
王子さまのオブジェ。
LPP08
キツネのオブジェ。

キツネが高い位置にいたため、パンケーキレンズではこんな感じになってしまいました。もう少し離れるとキツネの姿は見えるのですが、写りが小さくなってしまう・・・ということで、標準ズームレンズに付け替えて再撮影。

LPP09
キツネ。さっきよりは身体が見えてます。
LPP10
こちらはヒツジ。

レンズによって写り方も何か違うのだろうけれど、ミラーレス一眼初心者には良く分からない。ともかく、ズームレンズの方が便利そうな気がしたので、ここからはこちらを使うことにしました。キツネは耳が長いし、ヒツジはヒツジっぽくない。これもきっと日本でよく見られるタイプのものではないのだろうかと思いつつ、次のエリアへ。

次のエリアは王さま通り。フランスの街並みをイメージしたエリアだそうだ。

LPP11
王子さま像から見たプロヴァンス風の建物。
LPP12
王さま通り。距離は50mぐらいしかないが・・・

いわゆるアパルトマンと呼ばれるようなフランス風の建物はとても雰囲気のあるものでした。この辺は『Le Petit Prince』と言うよりはサン=テクジュペリに縁のある街並みを再現している感じです。しかし、実際に飛行士であったサン=テグジュペリの実体験が大きく反映されいるという『Le Petit Prince』の理解には役立ちそう。残念なのは外観だけで中が見られなかったこと。1軒だけでも良いから内装も見てみたかったなぁ・・・と。

ここを抜けると中庭のようなエリアへと出ます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です