星の王子さまミュージアム①往路

次の演目のタイトルは『Lonely My Sweet Rose』と随分、早くに決まりました。アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの『Le Petit Prince』を題材にして、作品を作ってみようと考えています。

このところ、色々な人の翻訳で『Le Petit Prince』を読んでいますが、アイディアが浮かんでは消え、消えては浮かんでいる状況。なんとなく、モヤモヤしてる感じです。

本当は、今日はお休みを頂いて、名古屋に宝塚を観に行く予定もあったのですが、とても『ベルサイユのばら』を見るような気分にはなれず、知り合いにチケットを譲ってしまいました。・・・ということで、最近休みもなかったし、休養日にしようかとも思ったのですが、家に籠もっていてもダメな気がして、一念発起。

行ってみよう、箱根の『星の王子さまミュージアム』へ!

Webページで検索して場所を確認。どうやら鉄道の最寄りは箱根登山鉄道の箱根湯本駅か強羅駅でそこからバスらしい。クルマのルートを確認すると鉄道よりもこちらの方が早そうなことがわかりました。ハスラーに乗り換えてから、まだ遠出をしていないし、この際、クルマで行ってみようと決めました。

前日のうちに前売りチケットをネットで購入し、部長にお土産を相談し、帰り道にガソリンスタンドに寄って満タンに給油して、家に帰ってEOS Mと携帯を充電して、準備万端。

当日の朝。5時30分に起きまして、天気予報を確認。曇りだけれど、午前中は雨は降らない様子。決行を決意して、大きなトートバックに財布とカメラを放り込み、6時40分に出発。ナビのルート案内では自宅から目的地まで、およそ2時間15分ぐらいで着くという。

自宅を出発し、五日市街道を小金井方面、途中で曲がって中央高速の調布I.C.へ。前のクルマにはETCが着いてなかったから、ここで初ETC体験。中央高速は教習所の高速講習以来なので約16年振り。でも、高井戸I.C.すぐに降りまして、環八を南下し、東名高速の東京I.C.へ。

人生初の東名高速。東京I.C.から厚木I.C.まで。前のクルマで関越道を走っていたのに比べると走りやすく、ターボ・エンジンにしておいて良かったと幸せを感じながら激走。平日の朝の下りなのでスイスイと走れ、8時前には厚木I.C.から小田原厚木道路へ。この乗り換えの時に車線変更で失敗したものの、渋滞は一切無く流れに乗って8時半前には箱根口に到着。

有料道路を降りると国道1号線へ。もちろん、人生初国道1号線。箱根登山鉄道と併走しながら、風祭・入生田・箱根湯本を通過。そこから山道に入り、途中で『塔ノ沢』に差しかかる。ここが外郎売りに出てくる『塔ノ沢』かと妙に感動しながら通り過ぎ、宮の下の交差点で国道138号方面へ。

途中、強羅駅への分かれ道のところで強羅駅の方に入ってしまい、経験しなくて良いはずだったこの日一番の坂道を体験。強羅駅前でクルリと回り元の道へ戻ります。ここで遠回りをしてしまいましたが、その後は順調に山道を走行。

ちょうど9時に星の王子さまミュージアムに到着。 約100キロの道のりでしたが、ほぼ予定通り、目的地に到着しました。恐るべし経路案内の予想時間。

LPP00
星の王子さまミュージアムに到着。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です