『ロバート・キャパ ~魂の記録~』宝塚歌劇団宙組

宝塚歌劇の宙組公演『ロバート・キャパ ~魂の記録~』の千秋楽を日本青年館に観に行きました。

よく宙組で題材となる第二次世界大戦前のヨーロッパを舞台に報道カメラマンの半生を描いた作品で、凰稀かなめさんが主演。

感想は・・・やっぱり宙組は良いなぁ(^o^)

かなり内容が濃かったため、ストーリーは足早な展開でしたが、凰稀さんがとても熱演されていて、感動的な舞台に仕上がっていました。

前々回の『美しき生涯』の時は役柄のせいもあったのか、個人的にはあんまりだったのですが、前回の大劇場公演の『クラシコ・イタリアーノ』ぐらいから、意外と凰稀さんのお芝居が好きになってきまして、今回は全く違和感なく集中してみることができました。

大空さんが退団したら宙組を観に行くのかなと思っていましたが、観に行くような気がしてきました(^_^)/

なんか月組はよく分からないことになってきてるし・・・

それにしても宙組は『NEVER SAY GOODBYE』とか、『誰がために鐘は鳴る』とかスペイン内戦が舞台の作品が多い。『カサブランカ』のリックもスペイン内戦に関わっていた設定だったし・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です