『仮面のロマネスク/Apasionado!!Ⅱ』宝塚歌劇団宙組

博多座の反省・・・観に行かないと絶対に後悔すると思って、行ってきました中日劇場。演目は宝塚歌劇団宙組公演『仮面のロマネスク/Apasionado!!II』の千秋楽です(^^)/

朝7時37分品川発の新幹線に乗り、9時過ぎぐらいに到着。地下鉄東山線に乗り換えて、栄駅で下車。初中日劇場なので、どこが入り口だか分からず、案内表示を見ながら、うろうろ(^^;)

なんとか中日ビル9階の中日劇場にたどり着くと、劇場の入口は千秋楽ということもあってか早い時間から人がいっぱい(@@)

11時開演! 今日は上手側の2列目(^o^)!
開演してまもなく目の前の祐飛さんが登場!!!
一気にテンションがあがります(*^O^*)

『仮面のロマネスク』は19世紀初頭のフランスが舞台の作品で、宝塚らしい華やかなコスチューム物の作品。ストーリーは僕の好きなタイプの話じゃないのは分かっていたけど、祐飛さんのヴァルモンも、北翔さんダンスニーも素晴らしかった(^o^) 特に2人の決闘のシーンの緊張感は観て良かったか感じさせてくれました。

『Apasionado!! Ⅱ』は宙組でも2010年の博多座で上演されたショー作品。今回は新場面も加わっていて、よりエネルギッシュになってました。宙組のショーはいつもパワフルで迫力があるのですが、ラテン系のショーになると、それをさらに強く感じます。オープニングからパレードまで釘付け状態であっという間に終わってしまいました(T_T)

千秋楽ということもり、祐飛さんの挨拶やこの公演で組替えになる十輝さんの挨拶などがあって終演。3時間、もう大満足の観劇になりました(o^_^o)

終演後、9階から階段で1階まで下り、地下鉄に乗り新幹線に乗り帰京。名古屋日帰りは電車に乗っている時間の方が長かったですが、観に行ってホントに良かったと思います(^o^)

祐飛さんの宝塚での姿を見られるのも、いよいよ次の作品で終わり。寂しいというか、もったいないというか・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です