『ロミオとジュリエット(役替)』宝塚歌劇団月組

今日は宝塚月組公演『ロミオとジュリエット』を観に行ってきました。今回の公演はトップスターと準トップスターの役代わり公演で今日は明日海りおさんがロミオ。

今日、明日海さんを観てみて感じてのは、短期間で随分と歌が上手くなってるなぁ・・・ということ。気持ちを歌に乗せても安定がふらつく感じが無くなってきている感じです。

今回の作品では特に追放の場面のソロがいい(^_^)/
運命に翻弄されていく青年の姿がハッキリと浮かび上がっていてきっとこの姿を見たくて役代わりを組んだんだろうなという感じでした。

さて、作品としては以前、宝塚大劇場で雪組で同じ作品を観ましたが、号泣ポイントは同じでした。

どこかというと、ジュリエットの乳母とモンタギューの若者たちが絡むシーンからの乳母とロミオ、乳母独唱からの結婚式。このミュージカルでここが一番好き(o^^o)

正直、一幕で終わってくれても何の不満もないぐらい(+_+)

よく言われることですが、シェイクスピアの四大悲劇などは主人公の野望とか復讐心とか嫉妬とか猜疑心とかが原因で墜ちていく姿が描かれているわけですが、『ロミオとジュリエット』は運命に翻弄されるから二幕は観ていて辛い(*_*)

特に原作からロミオのロザラインへの片思いとかを取り去っていたりして、ロミオの思いをジュリエットに集中させて一途感が強まっているので、より切ない感じになってます。

ホント良くできたミュージカルです。

しかし! 宇月さんは明らかに役不足ではないか!
もちろん、モンタギューの若者のダンスアンサンブルの中心的な役割も重要なのは分かるけれど、他にあるでしょ、他に(>_<)
これだけソロのあるミュージカルなら舞台上で一曲聴いてみたかったし、科白のやり取りも聞きたかった。

う~~ん(@@) それだけが大きく不満・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です