『華やかなりし日々/クライマックス』宝塚歌劇団宙組

宙組トップスター・大空祐飛さんの退団公演(T_T)『華やかなりし日々/クライマックス』。足繁くとまではいかなかったけれど、何度か東京宝塚劇場まで行きました。

今日は個人的には最後の観劇。宙組トップスターである祐飛さんの見納めの日となりました(T_T)

『華やかなりし日々』はニューヨークを頭脳で生き抜く天才詐欺師の栄光と挫折を描く作品。祐飛さんの培ってきた様々な魅力がギューギューに詰まった作品で、ラストシーンはハッピーエンドでは無いけれど、祐飛さんによく似合う晴れやかなラスト。

『クライマックス』もオープニングから、こちらは祐飛さんというよりも宙組の魅力のギュッと凝縮されたショー。他の組に比べると大人な感じの組ですが、中詰めのモン・パリも良かったし、最後の黒燕尾も迫力ある群舞に何度観ても涙が・・・

祐飛さんがトップスターになって3年。あっという間に過ぎ去ってしまった感じがします。結局、大劇場で大ハッピーエンドは無かったけれど(戦死、戦死、刑死と続いた時はどうなるかと思いましたが・・・)それも祐飛さんらしかったのかなと思います(o^^o)

そして、この公演は前楽でしたので、幸運にもサヨナラショーを観ることができました。退団の湿っぽさの無い、どこまでも祐飛さんらしいサヨナラショーでした(*^o^*)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です