『兵動大樹のおしゃべり大好き。38』兵動大樹★

(この記事はいずれ2015年9月12日 @ 23:00に移動します)

今日は新宿のルミネtheよしもとで『兵動大樹のおしゃべり大好き。38』がありました。『おしゃべり大好き』は昨年末の明治座以来。明治座はクリスマスということもあって空席が目立ちましたが、今回は立ち見も出る大賑わいでした。

今回のお話に勝手に見出しをつけると『新幹線で出会ったガサツな人』『お墓参りでの奇跡』『定食屋の奇跡のコロッケ』『サバゲー』『自宅での作詩』『ファミレスでの作詩』『娘が構ってくれない』というようなお話で約2時間。ホントにあっという間の2時間でした。

今回のお話の中で特に印象に残ったお話をひとつだけ、ご紹介。

1つ目は自宅での作詩。初めて作詞に挑戦しようとした兵動さん。知り合いの歌手の人に勧められて歌詞を書いてみることにしたのですが、『兵動さん、ラブソング書きいや。そこいったら次から何でも書けるで』と言われて、ラブソングの歌詞を書くことに。

パソコンに向かって歌詞を入力→『君と過ごしたあの夜を忘れはしない』・・・

次の瞬間→『あぁぁぁ〜〜〜〜〜!!!!! 恥ずぅ〜〜』

・・・となったそうな(@_@)

その気持ち、凄く分かる(>_<。)////

歌詞ではないけれど、初めて宝塚っぽい脚本を書いた時に、それらしい科白を一言書くたびに手のひらが痒くなって仕方なかったことを思い出しました。自分では絶対に言わないであろう科白に対する拒否反応たるや、大変なものでした(@_@)

今ではすっかり慣れてしまいましたが・・・(・ω・)

でも、とても共感できてしまったエピソードでした。

それ以外にも新幹線で出会った人のガサツさの描写やお墓の前で線香と蝋燭をぶちまけてしまった描写など、とにかく臨場感のある語りが非常に魅力的。兵動さんの『おしゃべり大好き』はDVDも現在までに8作品も発売されている人気のイベントですし、ぼやぼやしてしまうとチケットは売り切れてしまいますが、これは是非、ライブで観てもらいたいイベントです。

あまり人気になってしまうとチケットが取れなくなるので困るのですが(^^;;・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です