好きな食べ物『梁山泊』編★

(この記事はいずれ2015年9月22日 @ 12:00に移動します)

クルマで都内に出ることがたまにあります。最近でいうと、青山ねりもの協会の公演のお手伝いで荷物を運んだりするのでクルマで都内に。すると帰り道は青梅街道をひた走ることになることが多い。

大抵、夜も9時過ぎ。お腹が空く。ちょうど良いところに現れるのが、『梁山泊』という中華屋さん。ちょうど下り車線にあるので入りやすいはずなのですが、広めの駐車場はにいつもクルマがたくさん。開いている時はチャンスと思って即、駐車場へ。

駐車場から見た外観。暗い青梅街道に赤と黄色の看板が光ります。
駐車場から見た外観。暗い青梅街道に赤と黄色の看板が光ります。

店内はカウンターのみだけれど席数は25席ぐらい。しかし、いつも満席に近い。このお店で頼むのは『肉あんかけチャーハン』。このお店の看板メニュー。10人横並びのカウンターで7、8人はこれを頼んでいます。

さて、ある日のメニュー。この日は1日仕込みを手伝っていたのでお腹が空いていました。なので、結構食べられると思って、チャーハンとラーメンを。

肉あんかけチャーハン、840円。濃いめの味付けが美味しい。
肉あんかけチャーハン、840円。濃いめの味付けが美味しい。
名前を忘れてしまったラーメン。辛みのネギチャーシューの乗ったピリ辛さが美味しい。
名前を忘れてしまったラーメン。ピリ辛なネギが美味しい。

ここの『肉あんかけチャーハン』は細切りにした豚肉を中華だしの醤油ベースの餡かけであえたものをシンプルな卵チャーハンの上にかけたもの。少し味付けは濃いめだけれど、それがクセになる。初めて頼んだ名前を忘れてしまったラーメンはネギが沢山のった少しピリ辛のラーメン。

伸びないうちにラーメンを一生懸命食べ、その合間にチャーハンをワシワシ食べます。思えばチャーハンは味濃いめだし、ラーメンはピリ辛だしと味濃いかぶりになっているけれど、そんなことは気にしないで美味しく頂きます。

また別の日のメニュー。この日はそんなにお腹は空いていなかったけれど、ここのチャーハンは少し量が少ない。そこでチャーハンを大盛りにしてサイドメニューに餃子を。

肉あんかけチャーハンの大盛り。一品ならこのぐらいがちょうど良い。
肉あんかけチャーハンの大盛り。一品ならこのぐらいがちょうど良い。
餃子。わりとシンプルな。
餃子。わりとシンプルな。

他にもメニューが沢山あるのだけれど、どうしても頻繁に来る店ではないので、来るとチャーハンを食べたくなってしまいます。大盛りのチャーハンをワシワシと食べつつ、餃子を食べる。厨房の中では次々とチャーハンが作られ、運び出されていく。

まぁ、それだけなんですけど・・・(・ω・)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です