18回目の同窓会

毎年、年末になると高校の同窓会の知らせがきます。同窓会といっても畏まったものではなく、忘年会の延長ぐらいの会です。メンバーは年によって異なりますが、だいたい毎年10〜15人ぐらいが集まります。

今年も開催された同窓会。高校を卒業して18年が経過し、30代も半ばを過ぎ。皆そこそこ、いい大人ですが、高校のクラスメイトと集まると、あっという間に高校時代の人間関係が蘇ってきます。

ウチの高校は2年と3年でクラス替えがなかったため、卒業クラスは学校行事2年分の思い出が共有されています。しかし、最初から仲が良かったというわけではなく、クラス全体が打ち解けたのは、高3の夏ぐらいからでした。きっかけは良く憶えていませんが、3年の秋から冬にかけては夜な夜な(・・;) 良く遊んでいました。

他のクラスに比べると全ての行事が終わった後に仲良くなるという謎なクラスでしたが、そのためか、高校を卒業してからも良くクラスで集まっていました。今ではすっかり回数は減りましたが、同窓会はずっと続いてきているわけです。

また、僕の高校時代は丁度、今の高校生の文化が始まった頃だと思われます。ポケベル、PHS、携帯電話と順を追って登場した頃で、僕の携帯番号は高校時代から変わっていません。たぶん、それ以前とそれ以後の境目の時代だったのではないかと思います。家経由で連絡をしなくて良くなったことで、時間に対する遠慮が希薄になったのが僕らの世代からではないかと思われます。まぁ、それ以前に詳しくないので、一概には言えませんが。

さて、18年も経過するとそれぞれ違った生き方をしています。起業して社長をしていたり、看護師としてアジパラ競技大会に同行していたり、ワクチンの開発をしていたり、市役所で働いていたり、システムエンジニアをしていたり。高校時代からその道を目指していた者もいれば、僕のように行き当たりばったりで今の職業に就いた者もいます。それぞれの18年間があるわけで、話を聞くとそれぞれに興味深さがあります。

しかし、ながら気づけば周りは既婚者ばかり。今日来たメンバーの中では一番大きな子供は12歳らしい。考えてみれば高校を卒業して18年が経過しているわけだから、当然と言えば当然かと思うけれど、そろそろ生徒の保護者と同世代になってくるんだなぁ………と思いつつ、来月はいよいよ最初の卒業生の結婚式に呼ばれているし、自分の人生を考えねばと反省するのでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です