北翔海莉がトップスターに!!!

わからない方にはわからないと思いますが、今日届いた嬉しいニュース!!!

現在の星組のトップスター・柚希礼音さんが来年の5月10日に退団することは、8月に発表になっていますが、その後任のトップスターが未発表のままでした。

それが今日、発表となりました! 宝塚のホームページから引用する。

2014/12/06

星組 次期トップスター、トップ娘役について

この度、星組 次期トップスターに北翔海莉、次期トップ娘役に妃海 風が決定致しましたので、お知らせいたします。

なお、北翔海莉、妃海風の新トップコンビとしてのお披露目公演は、2015年6月12日に初日を迎える星組全国ツアー公演『大海賊』『Amour それは・・・』となります。

北翔海莉さんがトップスターだ! やっと、やっとです!(ToT)/

あまりにも嬉しかったので、思わず、わかってくれそうな人にメールを(*^O^*)

2012年の宙組の代替わりのタイミングで専科に異動になってしまって以来、北翔さんを観るために、雪・花・月・月・星・花と観歩き、トップスターになれるのだろうかと不安な日々を過ごしてきましたが、やっとトップスター就任が決まりました。

昨日の夜もちょうど北翔さんが主演した新人公演『薔薇の封印』を観ていたのですが、新人公演であっても良いものはいい。伸びやかな声に華麗なダンス、情感のある芝居、いわゆる三拍子そろった役者さんです。昨年の『The Merry Widow』は何度見返しているかわからないぐらい観ていますが、今だに飽きることのないミュージカルです。

スターシステムをとる宝塚ではやはり主演と2番手、3番手では出番が随分と違います。どんな役でも魅力的にこなす北翔さんですが、やっぱり主演で活躍している姿をたくさん観いたと思いますし、そうなってくれて本当に嬉しい。また、本人が輝くだけでなく、北翔さんが中心となる場面は下級生も伸びる。繰り返すになりますが昨年の『The Merry Widow』は本当にビックリした。そういう姿を見られるかと思うと、それも楽しみでならない。

しかし、トップに就任するということは終わりが始まるわけですから、出来る限りたくさん観に行かなければ。とりあえず、来年の秋は宝塚に遠征して、大劇場のお披露目公演を観なければ(^_^)/

新聞のネット配信では日刊スポーツが一番詳しかった。

星組次期トップに北翔海莉、娘役は妃海風
日刊スポーツ 12月9日(火)16時25分配信

宝塚歌劇団は9日、来年5月10日に退団する星組トップスター柚希礼音と、相手娘役・夢咲ねねの後任として、専科の北翔海莉が次期トップに就任し、相手役に妃海風を迎えると発表した。
北翔は同11日付で次期トップに就き、妃海との新トップコンビお披露目は、来年6月12日にスタートする全国ツアー「大海賊」「Amour それは…」になる。
00年代初め、トップ候補に経験を積ませようと設けられていた「新専科」をのぞき、男役のトップ未経験者が、専科からトップスターになるのは、極めて異例のケースだ。
北翔は98年入団。宝塚音楽学校に入学当初は「授業では目立たないように隠れていた」と話したことがあったほど、成績下位の劣等生だった。だが、入団後に研さんを重ね、歌、ダンス、芝居と3拍子そろった劇団きっての実力派へ成長。12年7月に宙組から専科へ移っていた。
専科異動後は今年1月の100周年第1弾だった星組公演「眠らない男 ナポレオン」に出演するなど、5組全組へ主要キャストで出演。花組新トップ明日海りおの本拠地お披露目だった「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)」では、皇帝フランツ・ヨーゼフを演じた。
また、来年1月のシアター・ドラマシティ花組公演「風の次郎吉-大江戸夜飛翔-」(4~12日)では、専科から主演する。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です