新宿のラーメン屋さん(1)

食べ物の写真が少し貯まったので、写真の整理を兼ねまして。

今回は主に新宿のラーメン屋さんです。新宿は一時期、演劇の稽古で通っていたこともあって、色々と食べて回りましたが結局、ラーメンを食べることが多く、写真もラーメンばかり。今回は割と頻繁に訪れるお店を中心に。

麺屋武蔵
初めて行ったのは演劇のお師匠さまと一緒だったと思います。ウチのお師匠様も麺類が好きで、ラーメン・そば・うどん・パスタと色々なお店に連れて行って貰いましたが、ここはお気に入りのお店でした。当時はラーメンが中心でしたが、最近、ここに行くと専らつけ麺を頂きます。中太麺に少し甘めのスープが美味しい。たまに季節限定のメニューがありますが、あまり行かないため、スタンダードなメニューを頼むことが多いのですが、この夏のメニューが美味しそうだったので頼んでみました。

R-MusashiM
武蔵つけ麺・・・だと思う。大きな角煮が美味しい。
R-MusashiY
武蔵夏ゆず冷しつけ麺。柚子の香りが爽やかなあっさり味でした。

らぁめん ほりうち
ここは駅から近いこともあって新宿に行くと頻繁に立ち寄るお店です。ただし、お腹が空いているとき限定。このお店はとにかく麺の量が多いのが特徴です。注文するのはつけ麺の『ざるらあめん』が中心。麺好きとしてはここのツルツルとした麺が無性に食べたくなることがあります。スープは醤油ベースに鶏ガラスープというシンプルな味付け、これが麺に良く合います。お肉が食べたいなと思うと『チャーシューざるらあめん』に、お腹が空いていて体調が良いときはその大盛りを頼みます。大盛りになると600gはありそうな山盛りの麺が登場します。この麺を黙々とワシワシ食べるのがお気に入り。

チャーシューざるらあめんの大盛り。これを食べきるのは結構、大変です。
チャーシューざるらあめんの大盛り。体調が悪いと食べきれません。

俺の空
こちらは新宿にもありますが、高田馬場の店舗に行くことが多いお店。西武新宿線沿線に住んでいるので、山手線を高田馬場で乗り換えることが多く、その途中で立ち寄ることが多いです。ここでも『浸け豚そば』という、つけ麺をいただきます。豚骨魚介系のスープにカツオの魚粉が入ったトロッとしたスープに解された豚肉とタマネギが潜むスープはコッテリ系に見えて意外とあっさり。特にタマネギのシャリシャリ感がお気に入り。麺はこちらもツルツル、モチモチとした食感の歯ごたえの良い麺。浸け豚そばは麺の量が選べるので、いつも大盛り。こちらは大盛りでもそんなに多くないので、いつも少し物足りなく食べ終わります。

浸け豚そば(大盛り)。このお店は店の外まで行列が出来ていることが多い。
浸け豚そば(大盛り)。このお店は店の外まで行列が出来ていることが多い。

長くなってしまったので、4店舗目は記事を分けることにします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です