約束(前編)

何の根拠もなく今年、関東大会に行けるんじゃないかと思ったのは4月のこと。今年の栃木大会が年内開催と聞いた時。過去10年内に開催された関東大会(北開場)に連続で出ているからという何の根拠もない話なのですが、蒲田の会議中にボンヤリとそんなことを思っていました。

しかし、部活の現状は厳しく、顧問生活14年目にして初めて、春季発表会事態という状況に陥り、そんな浮かれた思いは吹き飛びます。なんとか6月のコピスみよしでは上演にこぎ着けましたが、内実はガタガタ。そんな中で秋の脚本選び。ただでさえ筆が遅いので、とにかく早く準備できる作品が良いだろうと思い、過去に2回題材として取り上げている『The Importance of being Earnest』かと部員と相談をしてこの作品に決めました。

7月に入り、長良高校さんが【My Name!】と題して、同じ原作で大会に臨むことを知ります。偶然知ったのではなく前年、バーナード・ショーの【ピグマリオン】を上演していたことを知っていたので、今年は何をするのか気になって調べたから。岐阜の大会は早いので間もなく、地区大会を突破したという情報が。県大会を観てみたいなと思ったのですが、全国の出張の関係でスケジュールがままならず、断念。すると間もなく最優秀賞受賞という情報。観に行っとけば良かったと激しく後悔しました。

8月18日。山田さん(仮)とのツイキャス『演劇部について教えてください!』。最初は知らんぷりして始めたのですが、色々お話しさせて頂くと、やっぱり長良高校の部員さんで間違いない事がわかり、話はそんな感じの展開へ。その様子は録音が残っているので、お時間のあるときでもお聞きください。この時に長良さんの作品が正統派な三幕での翻案であることと、12月に壮行公演があることを知ります。最初は触れないようにしていましたが、だんだんと遠慮が無くなっていく様子がお分かり頂けると思います。

8月下旬。やっと、部員が揃って稽古が始まります。当初は8月中に通し稽古が出来るようにと目標を立てていましたが、結局それは叶いませんでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です