上演が終わる度にベッコリと凹む。

作品作り中は少しでも良くしようと頑張るわけだが、いざ上演すると現実を突きつけられる。

そもそも才能がないから、今ここにいるわけで、そのことは百も承知。

拙い脚本・・・ もう少しマトモナ脚本を書けるようになりたいと切に願う今日この頃。


” への2件のフィードバック

  1. ひとつ山の頂に登ると、また次の山の頂が見えるということですね。なまじ世界最高峰などが定まっていないだけ始末が悪いが、いろいろ登り方があるところもつきない魅力。一皮も二皮も剥けていって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です