2017秋の演目(考え中)

8月の頭まで『Love & Chance!』を上演するとなると、秋の準備はいつするのだろうと思っていました。筆が遅く、追い込まれないと始められない人間としては、こういう状況が一番危うく、下手をすると8月が終わってから台本を書き始めるということにもなりかねない。

・・・ということで、少し考え始めた秋のこと。

いずれにしても、稽古を抱えながら、新作を書くのは無理だろうと思う今日この頃。興味の在る題材は幾つかあるのだけれど、何せそれらの資料を読み込む時間がなさそう。そう考えると、やはり過去作で取り上げた作品に改めて取り組むのが良いかなと考え始めました。部員にザッと台本を読んでもらったり、DVDを観てもらって選んだのが次の3作。

『Lonely My Sweet Rose』(2014)
『Ernest! =SEQUEL “Can’t Stop Fallin’ in Love!”=』(2015)
『Midair Knight’s Dream』(2009、のちに『The Spirit of !!!』に改題)

『Lonely My Sweet Rose』は『Le Petit Prince』を取り上げた秋用に書いた脚本。書き直したいところは多々ありますが、秋用の脚本なので時間的には60分に収まっているし、リライトする時間は一番短くて済みそうな気がします。この作品を上演した時には審査員が『高校生らしい元気の良さがない』と評して、『高校生らしい王子さまって一体(‥;)』と呆れ果てたものでしたが、今ならあの時と同じように『高校生らしい元気の良さ』を必要としない、しっかりと物語れる『Lonely My Sweet Rose』を上演できる気がしています。配役的にも王子さま、飛行士、バラが3年に割り当てられそうだし、候補としては悪くない気がするのです。

『Ernest! =SEQUEL “Can’t Stop Fallin’ in Love!”=』は『The Importance of Being Earnest』を翻案した作品。この時はオープニングのムービーとエンディングの歌唱があったこともあり、60分より少し長い上演時間でした。これを上演するためにはもう少しコンパクトにまとめる書き直しが必要。少し宝塚の作品に引きずられているところがあるので、作業として『Love & Chance!』と同じでプロットを整理して、科白を書き直さないとといけない。作品の雰囲気としても『Love & Chance!』と大差が無いので、恐らくこの中では一番、取り組みやすい作品だろうと思います。

『Midair Knight’s Dream』は『銀河鉄道の夜』をモチーフにした前任校の時に春・コピスの演目として上演した作品。いつも部員に読ませると気に入ってくれるのだけれど、さすがに最初に書いた脚本だけあって科白が全くダメダメ。今、読み返してみると直さなくて良い部分が見つからない。それにこれを書いたのは9年前も前なので『銀河鉄道の夜』にも今一度、当たる必要がありそうな気もします。なので、これを上演するとなるとプロットまで戻して、組み替えて、新たに科白を1から起こさないといけないのでほぼ新作を書く作業と同じになりそうな気がしてきました。

・・・色々考えているのですが、とりあえずもう少しで中間テスト期間に入るので10日ほど部活がお休み。そこでねそれぞれの脚本を印刷してファイリングして持ち歩いて、リライト案を色々、考えてみようと思います。

脚本をB4の紙に印刷したもの。何時も書き換えたりするときは下側を空白にして、メモ書きしながら進めます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です