ミシンと格闘の10時間

春の芝居作りの時に大量の小袋を製作するために、久しぶりにミシンを使いました。使ってみるとやはり便利で作業時間が大幅に短縮されました。

今回の『Lonely My Sweet Rose』に向けて、衣装の準備をしているのですが、王子さまの衣装だけ、どうも納得いくようなものがない。やっぱり、緑の衣装が良いなと思うのですが、スエットだと少しイメージが違う。

………ということで、人生初衣装作りに挑戦。

まず、型紙選び。ものを探す時はまずAmazonということで、検索してみるとイメージに近い型紙がありました。早速注文。

続いて、生地選び。新宿のオカダヤへお出かけし、緑の生地でイメージに近い色と素材を選びます。続いて、それにあったミシン糸を購入。

そして、昨日の夜から衣装作りを開始。

型紙切って、布を切って、待ち針を打って、ミシンで縫う。途中、睡眠を挟みながら格闘する10時間ほど。

prince
王子さまの服。お手製。

………とりあえず完成。細かく見るとアラが目立つけれど、初挑戦としてはまずまずかな。あと、スカーフと腰帯を作れば完成です。


ミシンと格闘の10時間” への2件のフィードバック

  1. 朝西時代にワニを作っていたのを思い出しました。あれも緑でしたっけ? 『星の王子様」のような場合、衣装はとくに大事な役割を果たすのでしょうね。西部Aがますます楽しみになりました。

  2. コメントありがとうございます。
    それはたぶん、ワニではなく、黄色いオオサンショウウオですね(^^;; あのときは、緑のカエルと青いサカナも作りました。
    何となく作っても何とかなったぬいぐるみよりも、今回は格段に手間がかかりました。
    秋季発表会に向けて、楽しんでもらえるように、頑張りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です